働き方を知る

山田工務店で働く皆さんに聞きました

山田工務店で働くこと・成長することの喜びと、
仕事に対してのプライド・責任感を
若手社員と上司の対話の中から、感じてみてください。

新築部門「はっぴいハウス」営業部営業課

島田 剣 上席次長
 × 
外村 倫幸 リーダー

  • 株式会社 山田工務店 
    新築部門「はっぴいハウス」 
    営業部営業課 
    島田 剣 上席次長

    入社年度:2004年(中途採用)
    入社年数:15年目

  • 株式会社 山田工務店 
    営業部営業課 
    外村 倫幸 リーダー

    入社年度:2011年(新卒採用)
    入社年数:8年目

自分だからできることをやる。自分で考えることの楽しさ。

外村
先輩から「こういう風にしたほうがいいよ」ってアドバイスをいただいても、自分としては「もっとこうした方がいいんじゃないか?」っていう思いがあって。
指示通りやるか、自分の考えたようにやるか悩んだ時もあったんですけど、それでも自分の考えでやってみたんです。もちろん失敗もありましたけど、失敗してはじめて先輩の言っていた意味が分かったりして。自分で考えて良くなる部分もあったりして、それで成果も出ることもあって。言われたことをやるだけじゃなくて、深く考えるようになって、自分の仕事に対して責任を持つようになってきたのかなって思います。自分で考えて『こうしたい!』っていうのが言えるようになっていきました。
島田
言われたことだけやる先輩依存型から、僕はこう考えてこうしたいっていう意思を持てるようになったっていうのは成長したところだよね。
最初はお客様も「若いから」「好青年だから」って応援する意味で仕事をくれてたと思うんだけど、その頃から『外村だから』っていうのに変わったんだよね。
外村のパーソナリティーをちゃんと見てくれて、頼れるって思ってくれるようになった。こいつ成長したなあって思ったね。それからは外村にああだこうだの言わなくなったよね
外村
2年目の頃、『もうすぐお前にも後輩ができるからちゃんとしろ』って言われた時から自分でも意識して、そこからはあまり大きな迷惑はかけてないとおもってます。最初の頃は上長の顔に泥を塗るようなことを…(笑)
島田
ははは(笑)
島田
最近の外村は、お客様の新築案件をやるだけじゃなくて、はっぴいハウスやリフォームと合同イベントなんかでも、企画・予算組み・段取りなんかも一人でやれるようになった。それを見て、『次も外村に任せられるな』って思うくらい成長してきてるから、今後イベントの規模が大きくなっても外村だったらやり遂げられるなって思ってる。
PAGE TOP